診療科・部門 /

トップページ   診療科・部門  専門外来  フットケア看護外来

フットケア看護外来とは?

糖尿病をもつ患者さんの足病変を予防するための看護外来です。

足の手入れをしたり、患者様が自宅で行うケアの方法を一緒に考えたり、足壊疽を起こさないためのサポートを行います。

 

糖尿病と足の関係

血糖値が高い状態が続くと・・・
  • 感覚が鈍くなり傷に気づきにくくなる
  • 血の流れが悪くなり傷が治りにくくなる
  • 抵抗力が低下し、感染症にかかりやすく化膿しやすくなる
さらに進むと・・・
  • 足潰瘍
  • 壊疽(組織が死んでしまう)

 

注意したい足の症状

  • たこ
  • うおのめ
  • 水虫
  • やけど
  • 爪の肥厚や変形
  • 乾燥
  • ひび割れ
  • 靴すれ
  • 外反母趾

フットケア外来の内容

  1. フットケア外来受診
    研修を受けた専任看護師が足の観察とケアを行います
  2. 血流障害・神経障害の簡易検査
  3. 足浴
  4. 爪切り・やすりがけ・たこ・うおのめケア・保湿
  5. 生活指導・セルフケア指導
    血糖値をみながら重症化を防ぐ食事や生活の方法を一緒に考えます。

フットケア外来を受けるには

対象者

当院で糖尿病の治療をしている患者さまで、以下に当はまる方

  • 足の皮膚障害の治療歴がある
  • 足趾・下肢の切断歴がある
  • 末梢神経障害がある
  • 閉塞性動脈硬化症と診断された
  • セルフケアが困難
  • 足病変のリスクが予想される

予約方法

  1. 主治医へご相談
  2. フットケア担当医の受診
  3. フットケア外来予約

実施日

西宮渡辺病院

第1・第3 水曜日 午後

西宮渡辺心臓脳・血管センター

第2・第4 木曜日 午後

 

費用(1回)

1割負担:¥170

3割負担:¥510

 

 

 

ページトップへ