診療科・部門 /

トップページ   診療科・部門  部門  看護部

看護部からのメッセージ

私たちは、「患者の思いに寄り添う看護」を目指しています。
患者さんが安心して入院をしていただくために

  • 「根拠ある実践」
  • 「確かな技術」
  • 「思いやりのある心」

を大切に日々看護をしています。
看護師一人ひとりが看護する喜びや、専門職業人として自己成長を実感できるように教育にも力を入れています。

看護部の理念

  1. 患者の人間性を尊重し、生活の質を保障した温かい看護を提供する
  2. 地域医療に貢献することを認識して看護サービスを提供し、その責務を全うする
  3. 患者の個別性のニーズ、社会環境の変化に対するニーズに対応できる専門職業人としてのキャリアアップの向上に努め、人間的成長を図る

 

看護部基本方針

  1. 職業的倫理観と科学的根拠に基づいた看護の提供に努める
  2. 専門職業人として常に学習し、自己研鑚に努める
  3. 医療の動向を捉えた看護の提供に努める

 

2021年度 看護部目標

I 安心・安全な看護の提供

  1. 個別性に応じた看護実践
    (入院前から日常生活への関心を通して対象理解を深める)
  2. エビデンスに基づいた看護実践
    (高齢者ニーズに対応した意思決定、ケアプロセスと評価)
  3. カンファレンスの充実
    (相互に関わり合い、多様性を生かし、創意工夫して問題解決する)
  4. きめ細やかで、思いやりのある看護
    (人々の命や暮らしに寄り添い、思いやりのある行動がとれる看護職者)

II 地域包括ケアの推進と充実

  1. 地域完結型医療を目指し、医療と介護の連携を図る
  2. 患者の意志を反映し、院内・地域の専門職が協働して退院調整する
  3. 救急医療機関として安心・安全な療養生活を支援する

 

III 病院経営への積極的参画と看護の質の向上

  1. 診療報酬加算をケアに活用し、その成果を共有する
    (新たな加算取得と展開、専門資格へ挑戦、ケアの充実・改善・研究)
  2. 法人内で連携して感染フェーズに合わせた病床運営を行う
  3. 職場環境を整え、適正な人員の確保、育成に努める

看護部教育体制

教育目標

  1. 当看護部の理念と看護能力を明示し、それらを達成するために当看護部の教育に対する考え方に基づき段階的な教育を展開する
  2. 看護部の現任教育の考え方が各部署の教育に反映され、集合教育と各部署の教育とが統合され、一貫性を持った教育を展開し、効果的な能力開発を行う
  3. 看護師個人の学習ニーズの把握に努め、他施設や一般社会にも適用する自立した専門としての能力開発を支援する

 

看護部キャリア開発ラダー

「看護師のクリニカルラダー(日本看護協会版)」を基盤にしています。

看護部の概要

看護方式 チームナーシング+ 受け持ち制 + 一部機能別
看護記録 SOAP記録
勤務体制 2交替制
勤務時間 病棟 日勤:8:30~17:30
夜勤:16:30~9:30
外来 日勤:8:30~17:30
夜勤救急担当:16:30~9:30
手術室 日勤:8:30~17:30
夜間・日曜祝日:オンコール体制

看護部トピックス

看護部管理室(2021年)

新メンバー&新ユニフォーム

 

看護部の1年

回復期リハビリテーション病棟の場合

 

新人集合研修

メンバーシップ研修
  • このタワーのように、日々成長しています。

部署紹介

ページトップへ