診療科・部門 /

トップページ   診療科・部門  外科系  外科・消化器外科

消化器外科について

腹部消化器疾患の手術に幅広く対応可能です。2019年に医師を増員し、11月現在4名の常勤医師と1名の非常勤医師によって、さまざまな外科治療ができる体制をとっています。手術は創や術後の回復にやさしい腹腔鏡手術を基本としています。
西宮渡辺脳心臓血管センターとの連携により、血管病変のある方、抗凝固剤を内服している方にも多く治療を行っています。

診療内容

手術治療に関しては、ガイドラインに基づき最新のエビデンスを取り入れ、個々の患者さんに適した医療を十分なインフォームドコンセントのもと行っております。
また、手術だけではなく、切除不能ながんや再発がん患者さんに対する化学療法、および疼痛管理などの緩和医療も外科で行っています。

現在以下の疾患に対して当科で対応可能です。

  • 胃がん
  • 胃十二指腸潰瘍
  • 大腸がん
  • 大腸憩室炎
  • 急性虫垂炎
  • 腸閉塞
  • 胆石症
  • 胆のうポリープ
  • ソケイヘルニア
  • 腹壁瘢痕ヘルニア
  • 痔核 痔ろうなど肛門疾患
  • 栄養障害に対しての胃ろうやCVポート造設
  • がんに対する抗がん剤治療
  • 緩和ケア治療
  • 体表の炎症(蜂窩織炎など)

ページトップへ