診療科・部門 /

トップページ   診療科・部門  専門外来  せぼね(肩こり・腰痛)専門外来  手術、治療について

治療法

当院では通常のレントゲンに加え、CT、MRIなどの検査を行っております。これらの画像検査に加え、専門的な神経学的診察により診断を行います。

1.内服治療

内服薬による痛みの緩和、血流の改善、骨粗鬆症治療など

2.ブロック療法

治療を目的としますが、診断の一助ともなります。

  • トリガーブロック:疼痛の強い場所に直接注射を行う方法です。
  • 硬膜外ブロック:脊髄の近くに薬液を注入し、疼痛や炎症を抑える方法です。
  • 神経根ブロック:脊髄の枝にあたる神経根付近に薬液を注入する方法です。
  • トリガーブロック:疼痛の強い場所に直接注射を行う方法です。
  • 椎間板ブロック:椎間板に薬液を注入し、、疼痛や炎症を抑える方法です。
  • 星状神経節ブロック:首の前方から注射し、腕や首の痛みを抑える方法です。

3.リハビリテーション

治療を目的としますが、診断の一助ともなります。

  • 理学療法/作業療法:運動を中心に疼痛や麻痺、動作の改善を図ります。
  • 物理療法:牽引、赤外線や超音波の照射、などにより疼痛の改善を図ります。

4.手術療法

ほぼ全ての脊椎手術が可能です。

  • 頸椎椎弓形成術、椎間孔拡大術、後方除圧固定術
  • 頸椎前方固定術
  • 胸椎後方除圧術/後方除圧固定術
  • 腰椎後方除圧術(顕微鏡もしくは内視鏡を使用)
  • 内視鏡下ヘルニア摘出術(METRx)
  • 腰椎後方固定術
  • 椎体形成術(Balloon kyphoplasty)
  • 脊髄腫瘍摘出術(髄内腫瘍を除く) など

 

ページトップへ