診療科・部門 /

トップページ   診療科・部門  内科系  リウマチ・膠原病科

リウマチ・膠原病外来について

リウマチ・膠原病とは

関節リウマチ

関節リウマチとは、免疫の異常により手や足をはじめとする全身の関節に痛みと腫れが起こる病気です。炎症が長く続くと関節破壊が起こり、進行すると機能障害を引き起こします。
また、関節以外の臓器にも症状が起きることが有り、重症の場合は命に関わることがあります。30代以上の人口の1%にあたる人がこの病気にかかると言われています。どの年齢でも起こりますが、30代から50代に多く、また女性に多い疾患とされていますが男性にも起こります。症状としては、朝起きた時に手足を中心に関節がこわばって動かしにくく感じるこわばり症状、手や足の関節痛、関節の腫れが起こったり、全身のだるさ、微熱などの症状を伴うこともしばしば見られます。

膠原病とは

膠原病とは、真皮・靱帯・腱・骨・軟骨などを構成する蛋白質であるコラーゲンに全身的に障害・炎症を生じるさまざまな疾患の総称です。昔は、疾病は特定の臓器に存在すると考えられていましたが、全身性エリテマトーデスや全身性強皮症など多くの臓器が傷害される疾患を説明することが困難でした。
そこで、病変が臓器にではなく結合組織という“系”に存在する疾患であることを強調した概念が生まれました。今日では膠原病は単一の疾患を指し示す臨床的診断名や病因を意味する用語ではなく、“結合組織と血管を病変の中心とした、自己抗体を高頻度に伴う多臓器性の慢性難治性疾患”と定義されています。

これらの初期症状が見受けられたら早期受診をしてください。

全身
  • 原因不明の発熱が続く
  • リンパ節がはれる
  • 全身がだるい
  • 疲れやすい
関節や筋肉
  • 関節がこわばる(特に朝方に強い)
  • 関節の痛み、腫れ
  • 筋肉痛、筋力低下
皮膚
  • 発疹がでる
  • 冷えにより指の色が紫色や白色に変化する

当診療科の特徴について

当科では、関節リウマチ・膠原病に対して整形外科をはじめ呼吸器内科、皮膚科、糖尿病内科等さまざまな科と連携を取りながら診療に取り組んでいます。病状や患者さんの生活環境、考えなどを配慮しながら、患者さんと共に適切な関節リウマチの治療を進めていきたいと思っています。
また、関節MRIや関節エコー検査にてより正確に関節の炎症を評価できるよう努めています。

ページトップへ