Staff Information

トップページ   スタッフ紹介  あ行  大山 翔一朗

大山 翔一朗
Shoichiro ohyama
役職 西宮脊椎センター 副センター長
所属 西宮脊椎センター / 整形外科
専門分野 脊椎外科、リハビリテーション

学会

  • 日本整形外科学会
  • 日本リハビリテーション医学会
  • 日本脊椎脊髄病学会
  • 日本骨粗鬆症学会
  • 日本サルコペニアフレイル学会
  • 日本腰痛学会
  • 日本脊椎インストゥルメンテーション学会
  • 日本低侵襲脊椎外科学会
  • 中部日本整形外科災害外科学会
  • 日本抗加齢医学会

経歴

平成21年  大阪市立大学を卒業後、同大学整形外科教室に入局。低侵襲な脊椎内視鏡手術を島田病院で多数経験後、大阪市立総合医療センターでは側弯症、成人脊柱変形といった専門性の高い脊椎疾患治療に従事。大阪市立大学医学部附属病院、同大学院で脊椎手術の安全性向上をテーマとした基礎研究で医学博士を取得した後、令和2年4月より当院勤務。

資格・認定医

  • 医学博士
  • 日本整形外科学会 整形外科専門医
  • 日本リハビリテーション医学会 リハビリテーション科専門医
  • 日本整形外科学会 認定脊椎脊髄病医
  • 整形外科学会 認定運動器リハビリテーション医
  • 日本骨粗鬆症学会 認定医
  • 日本サルコペニアフレイル学会 サルコペニアフレイル指導士
  • ロコモアドバイスドクター

患者さまへのメッセージ

このたび2020年4月より整形外科・脊椎外科医として勤務することとなりました大山翔一朗です。当院では2016年9月から週に1度、脊椎疾患を中心とした外来・手術診療を行う傍ら、大学院では腰痛や脊椎疾患の研究に加え、健康寿命延伸を目指した、高齢者の疫学研究に従事してまいりました。高齢者に多い圧迫骨折や脊柱管狭窄症といった脊椎疾患は、日常生活の制限や要支援・要介護、寝たきりへとつながるものですが、適切な治療、生活習慣の改善を行うことで、そのリスクを軽減させることができます。患者様の痛み、つらさが改善し、少しでも元の生活を取り戻せるために、様々な角度からアプローチしていきたいと考えています。

ページトップへ