ENTRY

GUIDELINES

トップページ   先輩たちの声  言語聴覚士

言語聴覚士

話すことと聞くこと、食べることをサポートする仕事

言語聴覚士は「話す」「聞く」「食べる」をサポートする仕事です。
当法人では脳卒中などの疾患により失語症や構音障害といった後遺症でコミュニケーションがうまく取れなくなった方に対して、1日でも早く意思疎通が図れるようリハビリを行っています。
また、さまざまな原因により、飲み込みの機能が低下し、食事が食べられなくなったり、誤嚥の危機がある方に対してもリハビリを行い、安全に口から食べることをサポートします。

良いことはどこよりも早く取り入れる

当法人は時代の流れに敏感で、それだけにスピード感があり、良いと思ったことをどこよりも早く取り入れるのが特徴です。また、小さな意見が反映されやすく、新人・ベテランに関係なしに自分の意見を伝えられる職場です。

メリハリのある働き方ができる環境

仕事をする時はしっかりと働く、休む時はしっかりと休む、といった感じです。働くことと同じくらい休むことを大切に考えてくれているので、プライベートも応援してくれる気がします。
職場仲間での飲み会やスポーツが頻繁に行われてるのも、そんな雰囲気を反映してのことだと思います。

働くことで地域に貢献、そこに感じるやりがい

当法人は地域に根ざした医療法人で、西宮・芦屋・灘などから患者さんが来られ、とくに地元西宮では、渡辺病院といえば知名度の高い病院です。
私は生まれも育ちも西宮で、育ててもらった地域に恩返しをするつもりで就職を決めました。働くことで地域に貢献できる、そこに毎日やりがいを感じています。

患者さんのインタビューを見て

ある言語障害を持つ患者さんを担当したことがあります。退院後もリハビリを続け、そろそろ目標に達したころ、その方がテレビの取材を受けました。本人は「緊張してうまくしゃべれなかった」と言っていたのですが、放送された時のインタビューに答える姿は堂々としたもので、言葉もテロップなしで十分わかるものでした。後日、「先生のおかげだよ!」と言ってもらえたことは今でも忘れられません。

採用希望の方へメッセージ

自分に合った働き方が見つかります

当法人は地域に根ざした病院で、急性期・回復期だけでなく、クリニックや訪問といった事業も展開しているので、いろいろなチャレンジができます。自分に合った働き方がきっと見つかる職場だと思います。一緒に働けるのを楽しみに待っています。

一覧に戻る

ENTRY

気になる職種などありましたら
お気軽に見学にお越しください。