ENTRY

GUIDELINES

トップページ   先輩たちの声  看護師

看護師

施設:西宮渡辺病院

仕事内容を具体的に教えてください

入院患者さんの健康管理や円滑にリハビリが進むよう療養環境の調整、日常生活援助を主に行っています。また、患者さん1人1人に担当のプライマリーナースがつき、それぞれの患者さんに合わせた退院支援を行っています。
入院、転入後、患者家族と共に初期カンファレンスを開催し、早期から退院後の生活をみすえた介入ができるようリハビリやMSWと連携をとっています。退院前には必要時、ケアマネージャーや訪問看護師等病院外部の関係者にも参加してもらい、地域との連携をはかっています。

病院または、各科・部の強みを教えてください。

回復期リハビリテーション病棟では退院支援を学ぶことができるのが1番の魅力だと思います。法人内には訪問看護ステーションやさまざまな施設があり、退院後利用される患者さんについては連携が取りやすいという強みがあります。
また、希望される患者さんに対しては退院後訪問指導を行っています。医療処置が必要な方や認知症の方などが対象となりますが、退院後の患者さんの生活をみることで自分たちの入院中の関わりについてフィードバックすることができるだけでなく必要時には適切なサービスへつなげるよう支援することができます。

職場の雰囲気や働きやすさを教えてください

アットホームな雰囲気でみんな和気あいあいと働いています。
また、ママさんナースが多いため、お子さんの急な体調不良の際には他のスタッフでフォローし助け合っています。休み希望も比較的通りやすく、それぞれ連休をとって海外旅行に行ったりと、プライベートも充実させているスタッフが多いです。

やりがいはなんですか?

私はこの病院に就職する前は急性期の病棟で働いていたのですが、前職場ではあまり退院支援を主体的に行ったことがありませんでした。2病棟に来て約1年半が経ち、その間でさまざまな患者さんの受けもちをさせていただきましたがそんな中で感じるのは本当に、10人いれば10通りの退院支援があるのだなということです。まだまだ知識不足で日々発見・勉強の連続ですが、それぞれの患者さんにとってベストな退院支援はどういったものか、患者家族に寄り添いながら模索していくこの仕事には難しさと同時にそれ以上にやりがいを強く感じています。

忘れられないエピソードがあれば教えてください

入院中にプライマリーナースとして担当していた患者さんが外来受診の際に2病棟に立ち寄って私のことを訪ねてきてくださったのがとても嬉しかった思い出です。
受傷・入院前と全く同じスタイルではないけれど、入院中にリハビリしたとおりのスタイルで趣味の園芸をしたり友人と旅行に行ったりと退院後のエピソードを楽しそうに話してくださったのがとても印象的でした。

採用希望の方へメッセージ

ダミーダミーダミー

西宮渡辺病院は急性期から回復期まで、各段階の患者さんの看護を学べる病院です。
回復期リハビリテーション病棟は特にリハビリ看護や退院支援に興味のある方、得意な方にぴったりの職場だと思います。また、私のように回リハ病棟初心者の方でもやさしく頼りになる先輩方の指導のもと、自分らしさを活かして働ける職場だと思います。
みなさんと一緒に働ける日を楽しみにしています。

一覧に戻る

ENTRY

気になる職種などありましたら
お気軽に見学にお越しください。