診療科目・部門紹介 /

トップページ   診療科目・部門紹介  その他プログラム  脳疾患リハビリテーション

脳疾患リハビリテーション

  • 急性期病棟(SCU)では、入院直後よりリハビリを実施しますが、病状が不安定な時期の患者様においては、病棟と連携しリスクを共有しながら日々プログラムを調整しています。一般病棟では、病状も安定していることから、積極的なプログラムを実施。

    毎週のカンファレンスでは、退院後の状況を把握し、必要なリハビリが提供できるよう、担当者同士の連携も強化しています。

    継続したリハビリテーションが必要な場合は、同法人内で回復期病棟を有する西宮渡辺脳卒中・心臓リハビリテーション病院や西宮渡辺病院に転院して頂き、さらに生活に合わせたプログラムを提供します。

    法人内の施設ということから連携が取りやすく、情報の確認もスムーズに行えます。患者様、ご家族様が安心してリハビリを受けて頂けるような、リハビリテーション科であるよう日々研鑽に努めています。

ページトップへ